ストックイラスト

光る表現。3つのイラストの紹介と光らせ方の考察【ストックイラスト】

投稿日:2018年5月3日 更新日:

 

今回は以前ストックイラストに登録したものの中から「ファンタジー」をテーマに、光らせる表現を使って描いたイラストを数点ご紹介させていただいています。

それまでなんとなく描画モードで描いていた光る表現についても考えてみました。

 

ストックイラストを始めたきっかけ

 

イラストのバリエーションを増やすため集中する時間をとって、エフェクトや描き方の練習。

配置や組み合わせのテストをして自分が固くならないよう気軽に考えつつ、イラストをたくさん作っていました。

 

経緯について詳しくはこちらから
イラスト描きがストックイラストを始めた理由「私の場合」

 

ゲームが好きでファンタジーの世界が好きになる

 

 

私は、RPGゲームなどに代表されるようなファンタジーの世界観は大好きで、小さい頃はスクウェアの「ロマンシングサ・ガ3」にドはまりして絵を描くモチベーションにもなっていました。

これは今も私の絵を描く源にもなっています。

 

あなたはどんな世界観が好きですか?

 

ファンタジーの世界観を形作る重要な材料の一つが「光る表現や光るエフェクト」ではないでしょうか。

キャラクターがファンタジーならではで発する魔法もそうだし、光らせることができると非日常的な神秘的な雰囲気が出しやすいと思います。

 

そんな光るエフェクトが入り乱れる世界観に私は胸躍っていました。

 

レイヤーの描画モードでなんとなく使っていたが…。

 

 

光らせる表現、光るエフェクトの描き方はイラストを描く上で不思議の一つでした。光という形のないものに、苦手意識を持っていたのです。

それまで発光するエフェクトを使う際はレイヤーの「描画モード」でなんとなく使うだけでした。

 

ですがこのままだと、答えだけをなんとなく暗記して解けるだけのテスト問題のように応用が出来ません。

 

まずは技法書やネットから調べ、光るエフェクトを使ったイラストを描いていきました。

 

光る表現を使ったイラスト

 

 

以下はイラストACに登録しているイラストの紹介です。光らせる表現を使って描いたイラスト例です。

 

・雷のイラスト

 

 

ファンタジーの攻撃魔法などにもある雷のイラスト。雷の形を作る特徴も併せて勉強しました。

 

・魔法陣のイラスト

 

 

魔法発動などに描けたら便利な魔法陣。紋章はPhotoshopの「極座標」やクリップスタジオの「対称定規」を使うと描きやすいです。

 

・セーブポイントのイラスト

 

 

魔法陣を応用したイラストで魔法陣からフィールドが展開するイメージです。RPGゲームのセーブポイントをイメージして制作しました。

 

 

他にもたくさんありますが、もし気になったらこちらからダウンロードすることができます。

 

イラストACのプロフィールページへ

 

※イラストACでダウンロードしていただくと、1ダウンロードにつき「3円程度」が私へポイントとしてたまります。私のブログ内の広告リンクやイラストACの取り扱いに関して、詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

光る表現について考えてみた。

 

 

 

イラストを描いていると、そのイラストを描くために自分なりの理論ができて来ると思います。

技法書では理論も書いてあるものもありますが、方法のみが書かれていることも多いと思います。

 

光らせることを簡単に考えると、方法としてはオブジェクトを複製し、白と光らせたいカラーのオブジェクトを用意。

カラーのオブジェクトにぼかしをかけた上に、白のオブジェクトをのせると、光るような表現になります。

 

なぜそのようにすると光るように見えるのか。

私の考えでは白はすべての色を含んでいるので、強い光源ではすべての色が目に届き白く見え、

光源から離れるほど弱い色は見えなくなっていき、その光が強く持っている色(強く持っている色の波長)が表れるという考えです。

 

次回は同じくファンタジーをテーマに、シルエットと組み合わせで作成したイラストをご紹介していきます。→(準備中)

 

今回作成した魔法陣のイラストも組み合わせていきます。

 

まとめ

 

ゲームからファンタジーの世界が好きになりファンタジーを構成する「光らせる表現」をしたいとも思っていました。そのためにも集中して描き方などを試作する時間をとり、技法書やネットで調べイラストを描いていきました。

 

元々光らせる表現に関して苦手意識を持っていましたが、実際に集中して描いていくことで苦手意識を払拭して、光らせる表現についてより考えていけるようになってきました。

 

ここまで拙文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

-ストックイラスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

イラスト描きがストックイラストを始めた理由「私の場合」

    こんばんは、フリーランスクリエイターの大空めとろです。私は「様々なものを描き、作っていく」ことを目標に活動し、ブログトップのようなイラストや3Dスカルプトを現在では主にして …

ストックイラストから。シルエットと組み合わせでイラスト作成してみました。

  今回は前回のこちらの記事に引き続き、ファンタジーをテーマにシルエットから初めて、要素の組み合わせで作成したストックイラストの作品をご紹介していきたいと思います。   ここで紹介 …